ほうれい線を解消できる方法4つ

「ほうれい線ができた老けて見える」「年を取ったサインを見るのも嫌」など。ほうれい線が出現すると、自分の顔を見るのが苦痛になりますね。ここではほうれい線を解消できる方法4つを知り役立てましょう。

内側から肌のハリをアップしてほうれい線対策

ほうれい線を解消するためには、加齢とともに訪れる肌のたるみ、弾力の低下にアプローチする必要があります。肌のハリを取り戻すためにはコラーゲン生成を促すサプリメント摂取が効果的です。

特に有効であるのプラセンタやコラーゲンです。またビタミンCを一緒に飲むとより効果が上がります。ビタミンCはコラーゲンの合成をサポートする力があります。サプリメントを摂取するタイミングとしては夜寝る前がいいでしょう。

成長ホルモンの分泌が盛んになるのが寝ている時だからです。

表情筋を鍛える事でほうれい線対策になる

ほうれい線ができてしまう原因の一つとして表情筋が弱くなる事が挙げられます。表情筋を鍛えて発達させる事ができればほうれい線ができにくくもなります。方法としては顔ヨガや顔筋整骨ケアなどがあります。

普段の姿勢に気を付けてほうれい線対策をする

ほうれい線対策には普段の姿勢を治す事も効果があります。猫背や頬杖をつく事がある人は気を付けましょう。重力や負荷の影響でたるみを招く事があるからです。普段の姿勢もできるだけ姿勢を正して胸を張った状態にする事が大事です。

また睡眠中の姿勢も難しいですが注意しましょう。横向けに寝ている時間が長いと上にしている方が重力の影響で舌に下がる事になります。するとたるみを生じてしまいほうれい線ができやすくなります。

食事ではよく噛んで食べるようにする

忙しい現代人ですから食事の時も水やお茶で流し込んで食べる事が当たり前になっている人がいます。しかし、噛む事は大事で顔の筋肉を鍛える行為でもあるのです。よく噛んで食べるようにする事も大事になります。

・まとめ

ほうれい線ができると急に自分が老けて見えてしまいます。年齢自体はどうしても取るものですが、肌のたるみやほうれい線は普段の心掛け次第では進行を遅らせたり、解消できるものです。ぜひ、普段からほうれい線ケアを心掛けるようにしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする